20170211-simen01_small.jpg



ものづくりで、周囲を幸せ色にしているクリエイターたちがたくさんいます。そのモノに込めた想いが幸せを呼ぶのでしょう。心と心を繋ぐものづくり職人を紹介します。




母から子へしあわせ祈った刺繍から生まれた首飾り


20170211-rumiko.jpg
甲子園にお住いの日笠ルミ子さんが作り出す首飾りは、いつの時代なのか、どこの国のものなのかと思える不思議な香りを放つ首飾りです。

東南アジアの奥地で暮らす少数民族の人々から頂いた手織りの布には、母親が子どもの幸せを祈ってひと針ひと針刺した刺繍が施されています。「着ける人の幸せを祈り、着けた人がその祈りに感謝するもの」なのだそう。他にも、暮らしのために身につけた日本の野良着などの藍染め布も使います。

20170211-p_03.jpg

20170211-p_04.jpg

「生き抜く力や祈りが込められたこの布達で作った首飾りがどんな方のもとにいき、幸せを運ぶのだろうかと想いを巡らせながら、無心で創っています」とにこやかにルミ子さん。ほんの少しの切れ端でも捨てず、別の布と丁寧に繋ぎ合わせます。ほころびがあれば布を当てて再生させるのです。「繋ぐ」「再生」への祈りも込めて。布だけでなく、アフリカなどの少数民族が祭祀で使っていた実や貴石なども繋ぎ合わせて一つの首飾りに。

20170211-p_05.jpg

20170211-p_06.jpg

20170211-p_07.jpg

京都などの手づくり市やネットで紹介しながら、希望があれば直接出会って、気に入ったものを身に付けていただくのだそう。「アクセサリーではなく、首飾り」と言う理由が分かるように思います。【首飾り各種:3000円〜】
「世界が繋がる祈りを込めた首飾り」
Facebook内で検索して御覧ください。


20170211-p_01.jpg

20170211-p_02.jpg





心の宝石箱
笑顔が生まれる手作りチーズケーキ


20170211-CREVE00.jpg
苦楽園に昨年オープンした「クレーヴ」。パティシエの小川雅世さんは「リーズナブルに美味しいものを食べていただきたいの」と、厳選した自然卵や国産小麦など、出来る限り身体にいい素材で工夫をいっぱい凝らします。フルーツや野菜、ショコラ、抹茶など季節の彩りのチーズケーキでショーケースは、まるで宝石箱のよう。オリジナルのレアチーズケーキは、ミモレット12ヶ月やマスカルポーネなどのチーズを混ぜてチョコクッキーや、リンゴフィリングを重ねた夢のようなお味。キッシュやパウンドケーキも全て手作り。

20170211-CREVE01.jpg

いろいろなケーキが生まれるのでお客さまからこんなのを作ってとリクエストも多いそう。お散歩途中の方が朝ごはんやお茶代わりにと立ち寄ってくださったり、店前のベンチで初めて会ったお客さま同士で話が弾んだり。自然に会話が生まれてくる温かなケーキ屋さんなのです。

★一口シリーズ:100円~
★チーズケーキ:各種250円~


20170211-CREVE02.jpg

20170211-CREVE04.jpg

20170211-CREVE05.jpg

20170211-CREVE06.jpg

20170211-CREVE07.jpg

オールハンドメイド
ケーキストア  CREVE(クレーヴ)

西宮市南越木岩町 11-22
TEL 0798-74-7820
10:00~20:00
月曜休(火曜日不定休)